学生ローン 予備校生,短大生

大学生や大学院生などが利用できる学生ローン、予備校生でも利用できる?

お金がどうしても必要な学生の強い味方といえば、学生ローンですよね。学生ローンであれば、通常のカードローンと比べて返済スケジュールが比較的緩やか、審査にも柔軟性があるといったメリットがあります。


学生ローンで一般的に「学生」と定義されているのは、「大学生」「大学院生」「短大生」「専門学校生」です。また、年齢も20歳からとしている学生ローンが多いですので、20歳の短大生であれば文句なく学生ローンを申し込むことができます。業者によっては、34歳まで申し込みが可能な学生ローンもありますので、大学院生で長いこと研究をしている方にもおすすめです。


ここで気になるのが、「予備校生」はどうなるのか。現在は大学全入時代ともいわれており、かつてほど大学に入るのが難しい時代ではありませんが、それでも人気校や難関校に入るため予備校通いをしている人も多いです。

前述の「大学生」「大学院生」「短大生」「専門学校生」は、特定の学問を勉強するための学校ですので、学問の違いはあれどそこに通っている学生は「学生」としてみなされます。一方で予備校の場合、大学や短大生、専門学校に通うための勉強をするための場所であり、特定の学問を学ぶ場所ではありません。

予備校生を学生ローンの申込対象とすべきかどうかは、学生ローンの業者によって異なります。専門学校生は申込対象とするものの予備校生はその対象としない、そのような学生ローン業者もあります。予備校生でも申し込み可能としている学生ローンもありますし、学生でない人向けのヤングローンを提供している業者もあります。それぞれの業者に問い合わせをするのが賢明です。

オススメカードローン

↑ PAGE TOP